インプラントが出来る人とできない人がいる

マルとバツを指している女性 インプラントは、入れ歯に代わる歯のない人のための画期的な治療法として注目を集めています。
入れ歯は歯茎の上に樹脂を載せているだけだったので外れやすく、噛みにくいという欠点がありました。
インプラントは歯のない部分の骨にチタンを埋め込むことで、本物の歯のような自然な噛み心地を実現しました。
チタンと骨は結合する性質があるので、外れる心配もありません。

このように書くと、歯のない人は全員入れ歯ではなくインプラント治療を受ければいいと考える人が多いです。
しかし、この治療は希望すればだれでもできるというものではありません。
出来る人とそうでない人がいるので、その違いを知る必要があります。

まず、入れ歯は保険適用なので数千円程度の費用で作ることができます。
しかし、インプラントは保険適用外なのでチタン1本につき30~40万円程度の費用がかかります。
本数が多ければその分費用も高くなるので、経済的に余裕のある人でなければ受けることができません。

また、チタンを骨に埋め込むことから骨の密度が必要です。
骨の薄いところにチタンを埋め込んでも、抜け落ちるなどのアクシデントが起きてしまうからです。
アクシデントを防ぐためには、レントゲンやCTなどの精密な検査が欠かせません。
歯のない状態はとても不便ですが、初診でいきなりインプラント治療ができないのには検査期間が必要だからです。
歯科医院では事故が起こらないように検査をした上で、治療計画を立てて手術に入ります。

最近は骨の量が少なくてもインプラントができる治療法も増えてきました。
骨を作る治療を受けてからインプラントに入るなど、患者さんの状態を改善することもできます。
自分の骨の状態は誰にも分からないので、まずは相談するところから始めましょう。

インプラントは快適な治療ですが、中にはグラグラになっていて抜歯が必要なところもあるでしょう。
歯があるとチタンは埋め込むことができません。
そこで、抜歯をしてから手術に入るのですが、骨や歯の状態によって抜歯した日に手術ができる場合と、できない場合に分けられます。
どちらの状態も悪い場合は、希望してもインプラントが受けられないケースもあります。

このように、インプラントは誰でも受けられるものではありません。
歯科医院によって採用している治療法も異なるので、治療を希望する場合はまず相談に行き、検査を受ける必要があります。
検査の結果を知ることで、初めて治療できるかが分かります。