ワイヤー矯正でも裏側矯正は目立たない

レントゲンで歯並びをみる医師 矯正歯科では、叢生や上下の顎の前突といったいろいろなタイプの歯並びや噛み合わせの異常・不正咬合を治療しています。
不正咬合の治療方法はいろいろありますが、よく知られているのはワイヤーを使った矯正治療です。

ワイヤー矯正は、セルフブラケット方式とも呼ばれています。
歯の表面にブラケットという器具を置き、ブラケットをワイヤーでつなぐことで力を掛けて歯を少しずつ動かす仕組みです。
ワイヤー矯正では、その方の状況にもよりますが一般に数か月から数年といった単位の治療期間を要します。

歯並びや噛み合わせの治療というと、小学生など子供を対象にしたものというイメージが定着しているようです。
しかし、歯並びや噛み合わせの治療は青年期以降など幅広い年齢層の方でも受けることができます。
成人以降の方の場合、歯並びや噛み合わせの治療を希望する理由の第一としてあげられるのが、見た目をきれいにしたいということです。
歯並びや噛み合わせを治し、口元を気にしないで自然に笑顔になりたいという方が矯正歯科に相談に訪れています。

患者さんの中で、特に成人の方で接客業などのお仕事をされている方が気にするのが治療中の見た目です。
長期間にわたる治療の間、目立つ器具やワイヤーが歯の表面に装着され他人から見えやすいことに抵抗を感じるという方がいます。

最近では、治療中の見た目が気になるという方も安心して受けられる目立たない治療を行う矯正歯科が急増中です。

目立たない矯正治療のひとつに、裏側矯正があります。
裏側矯正は舌側矯正とも呼ばれ、歯の表面ではなく裏側にワイヤーを掛けて歯を動かす方法です。
器具が歯の裏側に着けられるので他人から矯正治療中であることが知られにくい方法で、治療中の見た目を気にする方に人気があります。

裏側矯正は、見た目の他にもいろいろなメリットのある治療方法です。

器具を舌側に装着するので滑舌への影響が少なく、違和感も感じにくくなっています。
また、口内炎などのトラブルが起きにくいのも裏側矯正のメリットのひとつです。
歯の表にワイヤーを掛ける治療ですと、頬の内側に器具が引っかかりやすくその部分から炎症を起こして口内炎ができることがよくあります。
その点裏側矯正では器具の引っかかりによる口内炎ができにくく安心です。

加えて裏側矯正には、治療中の通院回数が抑えられるというメリットもあります。
矯正治療中は、装置を着けていることから普段よりも歯磨きがしにくい状態です。
そのため、治療中は定期的に通院してチェックを受ける必要があります。
歯の裏側には唾液腺があって唾液が常に分泌されているので、唾液による自浄作用が活発です。
この自浄作用により、裏側矯正では表側矯正に比べて治療中の通院回数が少なくてすみます。